花粉症の疑いがある女性

スギ花粉症は塗り薬で乗り切ろう

花粉症の原因は様々ですが、日本人に一番多いのがスギ花粉症です。
毎年2月頃からスギ花粉が飛散し始めますから、早め早めに対処しておくことが大切です。

目がかゆくて涙が出たり、鼻水が止まらなかったりと厄介な症状を引き起こすのが花粉症の症状です。
特に鼻の症状を防ぐためにマスクをつける人も多いでしょうが、鼻づまりのところにマスクをすると余計に息苦しく、わずらわしいものです。
そんな時、市販薬や医療機関で処方された飲み薬の他にも、塗り薬が販売されています。

鼻の中に直接クリームを塗りつけることで、花粉やハウスダストなどの細かい粉じんをキャッチしてくれます。
薬が塗ってあることは外から見てもほとんどわかりませんから、安心して使用することができます。
特にマスクを嫌うお子さんも快適に過ごすことができるでしょう。
もちろん、体質に合う合わない、塗り薬の液だれが気になるなど悩みは人それぞれですから、自分にあった対処法を見つけることが大切です。
花粉の他にアレルギーをお持ちの方は、薬の成分、注意書きをよく読み、医師に相談してから使用することをおすすめします。

塗り薬は綿棒を使ったり、指で直接鼻の中に塗布していきますが、扱いにはくれぐれも注意しましょう。
薬を塗る際には手を洗い、清潔な綿棒を使って鼻の奥まで入れすぎないように気をつけます。
鼻のかみすぎで肌がただれている場合には、できるだけ低刺激の塗り薬を選ぶようにしましょう。
無香料のものから香り付きの商品までありますから、使うシーンや好みによって選びましょう。

スギ花粉の飛散予報に一喜一憂せず、生活習慣を見直し、薬を上手に使いながら花粉症のシーズンをうまく乗り切りましょう。