花粉症の疑いがある女性

世界の花粉症事情について

毎年、冬が終わりを告げると、花粉症により鼻づまりやくしゃみ、目の痒みといった辛い症状に苦しめられる方が増加します。
ただし、全ての人々が花粉症に悩まされるわけではない上に、症状がみられる年と、みられない年があります。

目が痒い女性そもそも、花粉症というのは、人間が花粉に対し、アレルギー反応を起こすことで生じます。
アレルギー反応というのは、通常人間の身体を保護するための免疫が、過剰に作用してしまうことです。
つまり、花粉症により生じる、くしゃみや涙、鼻水という症状は、体内に侵入してきた花粉を、体外に排出するための防衛手段なのです。

花粉症により症状が起こるのは、主に喉や鼻、目といった首より上の部位ですが、場合によっては発熱したり、倦怠感を伴うといった全身症状がみられることもあります。
花粉症になる方とならない方に分かれるのは、いくつかの理由があります。
まず、遺伝や体質が関係していることがあります。
アレルギーというのは、遺伝による影響を大きく受けるとされているので、家族などにアレルギーに悩まされている方が居る場合、花粉症が起こりやすくなります。

次に、食生活や住環境が関係しています。
花粉の影響というのは、老若男女に共通している事案であると考えられがちですが、実は高齢者にはあまり見受けられません。
高齢者と若者で、免疫力が異なるということも理由の一つですが、以前の食生活や住まいが、花粉症になりにくい体質を生成していたと考えられています。
こうした点から、同じエリアで生活していても、様々な症状に苦しめられる方と、苦しめられない方が存在するというわけです。
また、物理的に原因物質に晒される機会が少ないというのも、大きく関与しています。